初めてのネットショップ ECサービスはどう選ぶ ?

ECサイト制作

ネットショップを始めたい !

いざ、ネットショップ開設の検討を始めてみると、EC構築のサービスは多種多様にあります。

ECサイトの目的を明確化させる

ECサイトを作成する際には、導入の目的、コスト、その後の運用なども含めて、適切なサービスを検討する必要があります。

実際にECサイトの構築システムを検討する場合、何を基準に選べばいいのか … みなさん、頭を悩まされる所です。

EC導入時は小規模であったとしても、将来的にECサイトをどのようにしていきたいかの目的、目指すゴールを認識しておく必要があります。

数年先を見据え、追々どのような機能が必要になってくるのかを踏まえて検討することが大切です。

自社EC(ASP・クラウド)・モール型ECについて、それぞれのサービス毎の傾向と比較をまとめてみました。

ECサービス 比較

初期費用・月額費用を抑えたいならASP

ASPとは、ECプラットフォームをインターネットを通じてレンタルすることができるECサービスです。

提供されている標準サービスを利用するため、価格を抑えて使うことができるのが特徴です。

ASPの主なサービスは

  • BASE
  • Shopify
  • STORES
  • COLOR ME

聞いたことがあるところがほとんどではないでしょうか。

ASPでのEC導入のメリット

ASPでのEC導入のメリットは、導入費用を抑えられ、導入期間が短くて済みます

デザインをテンプレートから選択して、商品登録を行えば、すぐに販売をスタートさせることもできます。

また、パソコンに限らず、タブレットやスマートフォンなどからでも利用することができます。

実店舗とネットとの連携、小売店の販路の拡大などがECサイト導入の目的であれば、気軽に導入しやすく、コストがかからないASPでのEC導入がおすすめです。

ASPでのEC導入のデメリット

ASPはサービス形態の特性上、不特定多数のユーザーや複数の企業が利用することを前提としています。

そのため、提供される機能は多くのユーザーに対応できるよう一般化されたものとなっています。

つまり、各ユーザーに合わせた独自機能には対応していないため、機能の拡張性やカスタマイズ性にはどうしても乏しくなってしまうのがASPのデメリットです。

ECサイトの運営が順調に進み、売上拡大を機に外部サービスなどとの連携を検討する際には、その機能が可能なECサイトへ作り替えなければ実現できません。

そのような際には、多大なコストが必要となる場合もあります。

大規模なシステムや独自のシステムを構築したいのならクラウドEC

クラウドECとは、インターネットにアクセスするクラウド環境でECサイト構築から運営までが可能なECサービスです。

クラウドECは長期的に運営を継続する際には、コストパフォーマンスがよく、かつ機能性やカスタマイズの自由度も比較的高いことから最近とても人気が出ているサービスです。

クラウドECの主なサービス

  • ebisumart
  • メルカート

クラウドEC導入のメリット

クラウドEC導入のメリットは、豊富なプラグインが可能なので、拡張性の良さやカスタマイズの幅広さなど、自社ECで成し遂げたい目的に対応できる点です。

商品・在庫の管理機能、コンテンツの編集機能、決済機能などの機能をつけられることで、ASPでは実現できない独自の必要な機能を向上させることができます。

また、無料で常に最新のシステムに自動でアップデートされるので、常に最新の機能性が高く、セキュリティ面も安心して利用できます。

ただし、各ECクラウドサービスが提供しているサービスはそれぞれ異なります。

導入を検討する際には、各サービスを比較・検討して自社に沿った機能性やビジネスモデルに合ったサービスを選ぶことが重要なポイントになります。

クラウドEC導入のデメリット

導入のコスト、月々のコストが割高となります。

ある程度の年商(1億円位所の年商が目安と言われています)が見込まれる、中規模以上の企業に適したECサービスであるといえます。

信頼感と集客力の高さならショッピングモール

ショッピングモールといえば、楽天、Amazon、Yahooショッピングなど、多くの方が日々利用されているサービスです。

ショッピングモールでのEC導入のメリット

モール型ECのメリットは集客力です。

EC構築をして、一番大切なのが集客です。

多くのショップと商品の中から、自社の商品を知ってもらい、購入へと繋げることは簡単ではありません。

その点、ショッピングモールはモール自体に集客力があるので、自社ECに比べれば断トツに集客は可能です。

また、運営のサポートを受けられる、競合他社の情報を見ながらノウハウを学べるという点も自社ECとの違いであり、知識がなくても、安心して運営ができる点は大きなメリットです。

ショッピングモールでのEC導入のデメリット

出店料、手数料が毎月発生します。

テナント料、広告料、売上に応じたロイヤルティなど … さまざまな費用が発生します。

また、商品によっては価格競争となってしまう点も否めません。

初めてのネットショップ EC導入のまとめ

自社EC(ASP・クラウドEC)、モール型EC、それぞれにメリットとデメリットがあります。

ネットショップで一番大切な集客の点から見れば、自社EC(ASP・クラウドEC)は、構築してオープンしたからといってすぐに多くの新規集客を見込むことはとても難しいことです。

中小規模で認知度が低い商品は、検索で上位に上がることも難しく、まずはそのネットショップ・商品を見つけてもらうための労力とコスト(広告やSEO対策など)が必要になります。

その点、ショッピングモールの存在は広く知られているため、すでに商品を購入するという目的を持った大勢の顧客が毎日訪れます。

月々の費用は発生しますが、実店舗でも商品を販売するためには、利便性の良い店舗を選び家賃を払い、適切な広告を出して運営します。

ネットショップは、場所も時間も問わず、商品がほしい人に対して広くアプローチできるという利点があり、初めてネットショップを開設する時は、モール型ECの集客力を活用し、商品やブランドが認知されるようになった頃合いで、自社ECに移行するなど、それぞれのメリットを最大限に活かす方法もおすすめです。

楽天・Amazon・Yahooショッピングなど、モールにもそれぞれに特徴があり、出店手数料や販売手数料、購買層も異なります。

自社の製品との相性を考えてモールを選択することも大切です。

ネットショップを開設したいと検討を始めたら、まず !

  1. どのような商品を販売するか
  2. 初期投資やランニングコストはどれだけかけられるのか
  3. 将来的の売上目標の設定
  4. ECサイトでのサービスの展望

上記の点を踏まえて、EC構築のサービスやシステムを選び、計画的に運営をすすめていきましょう。

この記事を書いた人

Chiaki

【仕事で大切にしていること】 お客様の事業における問題点・課題点についての解決策を一緒に考え、1つ1つ丁寧に 『 実行 ↔ 解決 』 適切なIT支援、組織活性化のお手伝いをさせていただきます。

読んで頂きありがとうございます!

フォローしてこのブログの更新情報を受取る