【お中元はいつ送る ? 】お中元を送る時期は地域によって異なります

お中元を送る時期

親しい方やお世話になった方に日頃の感謝を伝えるコミュニケーションの1つでもあるお中元。
お中元を送る時期は、地方によって異なります。いざ、送ろうと思ったら時期が遅かった … などということがないように事前の準備と確認が大切です。

お中元の時期はなぜそれぞれ違うの ?

これは『お盆の期間』の違いです。
お中元は、今ではお世話になった人に感謝の気持ちを伝えるために物を贈りますが、これは仏教の「盂蘭盆会(お盆)」に由来していて、亡くなった方のの魂を供養するとともに、 生きた魂の供養のために物を贈り合うことが始まりです。
しかし、このお盆の期間が地域によって違いがあるため、これがお中元時期の違いに繋がっているのです。

では、それぞれの地域のお中元の時期を見ていきましょう。

【地域別】お中元を送る正しい時期

北海道・東海・関西・中国・四国

北海道・東海・関西・中国・四国では、お中元を贈るのは「7月中旬~8月15日」の期間と広く認識されています。
とはいえ、お中元を贈る時期が年々早まっている傾向もあるため、7月15日頃に届くように配送すれば十分な余裕を持ってお中元の期間内に届けることができます。
特に北海道は、他の地域に比べると配送日数が余計にかかってしまうため、早めに配送手続きをしておくと安心ですね。

北陸

北陸ではお中元を贈る時期に地域差があるので注意が必要です。新潟県や石川県の金沢市では、「7月1日~7月15日」の間に贈ることが一般的。富山県や石川県の能登町では「7月15日~8月15日」に贈ることが多いようです。
特に石川県は注意が必要。県内でもお中元の時期に違いがあるため、事前に相手の地域の時期を確認してスムーズに準備を行うことが大切です。
どちらの期間に合わせて贈るべきかを迷ってしまう場合は、どちらでも共通している7月15日を目安にお中元が到着するような手配ができれば安心でしょう。

関東・東北

関東と東北では、「7月1日~7月15日」の期間にお中元を贈るのが一般的です。
もともと、お中元を直接手渡すことが良いとされていましたが、近年では配達が多くなっています。
お中元の配送自体は6月中旬頃から始まりますが、この時期は配送が集中する影響で日にちの指定ができない場合も多くあるため、早めの配送予約しておきましょう。

九州

九州は全国でもっとも時期が遅く、「8月1日~8月15日」です。共通してお中元の時期が決まっているので、お中元を贈るタイミングに悩むことはありませんが、お中元の期間が約2週間しかなく、しかもお盆の時期と重なります。お相手の都合を考慮して贈る手配を進めましょう。

沖縄

沖縄県の時期は全国のいずれの都道府県とも異なります。毎年旧暦の「7月13日~7月15日」、いわゆる旧盆にあたる3日間がお盆となっており、この期間中にお中元を贈るのがマナーです。
沖縄県のお盆は独特で、祖先のお迎えからお見送りまでが3日間に分けて行われ、毎年日付が変わるため、お中元を贈る前に旧暦のカレンダーでお盆の時期を確認しておきましょう。

もしお中元を送り忘れてしまったら ?

「お中元を贈るのをすっかり忘れてしまっていた!」という思いながら、季節が変わってしまった経験をお持ちの方も少なくないでしょう。お中元を贈り忘れてしまったときは「暑中見舞い」や「残暑見舞い」として贈ることができます。

暑中見舞いの時期

暑中見舞いの時期は、梅雨明け~8月7日頃です。
地域によって梅雨明けの日付が毎年変化するため、この日からという決まりはありませんが、もともと暑中見舞いは「もっとも暑い時期」に自分の近況や相手の健康状態を伺うもの。「暑さが一番厳しい時期」に贈るのが正しいと言われています。

残暑見舞いの時期

残暑見舞いの時期は、8月7日ごろ(立秋)~8月31日です。
立秋とは二十四節気のひとつで、1年のうちでも夏真っ盛りで暑さのピークを迎える日といわれるため、立秋以降は残暑と呼ばれます。
また、暦の上で秋が始まるのもこの時期。立秋の日付は毎年変化しますが、基本的には8月7日が目安になります。

残暑と風鈴

まずは事前の準備を万端に !

各地域の時期を事前に調べて、1ヶ月前までに贈り物の注文や配送予約といった手配を済ませておけば安心できます。お中元は本来、感謝の気持ちを伝えるもの。相場を考えお相手の負担にならないような金額のものを選ぶ配慮も必要です。

また、万一お中元を贈り忘れてしまっても、のしを暑中見舞いや残暑見舞いと書き換えて、正しい時期に贈ることができれば大丈夫。
お相手の住む地域、ご家族の状況に合わせ、それぞれに喜んでいただけるような贈り物をすることで、より丁寧な気持ちがお相手に伝わり喜んでいただくことができるでしょう。

この記事を書いた人

Chiaki

【仕事で大切にしていること】 お客様の事業における問題点・課題点についての解決策を一緒に考え、1つ1つ丁寧に 『 実行 ↔ 解決 』 適切なIT支援、組織活性化のお手伝いをさせていただきます。

読んで頂きありがとうございます!

フォローしてこのブログの更新情報を受取る

★ いちばん新しい記事!

年末年始休業のお知らせ