作業効率 UP ! ショートカットで「時短」使えるショートカットまとめ【 Mac編 】

文字入力の速さには自信がある。だけど、どうも作業効率が上がらない …

パソコンでの作業効率をあげるためには、できるだけキーボードから手を離さないこと !

Macでのパソコン作業をより迅速にするショートカットキーを覚えることで、作業効率が全く変わります。
自分の使用用途に合わせ、1つでも多く覚えてみましょう。

ここは覚えたい ! 【基本編】

コピー

⌘ command+C

【覚え方】 「C」はCOPY(コピー)の「C」

切り取る・カット

⌘ command+X

【覚え方】 「X」はコピーの「C」の左横

貼り付け・ペースト

⌘ command+V

【覚え方】 「V」はコピーの「C」の右横

保存・セーブ

⌘ command+S

【覚え方】 「S」はSAVE(セーブ)の「S」

知ってると嬉しい ! 【実用編】

全選択

⌘ command+A

【覚え方】 「A」はALL(オール)の「A」

文章の場合

例えば、文章の場合は入力カーソルがおいてある場所の文章を一発で全選択できます。もちろんスクロールしないと表示されない部分も全て選択された状態になります。このまま別の書類にコピペなどできます。

文章全選択

ファイルの場合

ファイルの場合は、その階層にあるファイルやフォルダを全て選択できます。FinderだけでなくMacのアプリなら、リストや画像を選択するときに、ぼぼこのショートカットは効くと思います。覚えておくと本当に便利です。

作業効率 UP ! ショートカットで「時短」使えるショートカットまとめ【 Mac編 】

戻る

⌘ command+Z

【覚え方】 「Z」はアルファベット順の最後の「Z」

戻したのを戻す

⌘ command+shift+Z

知ってると得する ! 【実用+α編】

文字入力中にカタカナに変換

「かな入力」から「カタカナ入力」に変換する時、思ったようにカタカナに変換できない。
そんな経験ありませんか ?

入力している文字の変換中にF7キーを押してみましょう。
「かな」から「カナ」に変換されます。

F7 でカタカナ変換

その他、F8、F9、F10 で半角ローマ字、全角ローマ字、半角カタカナ(できない日本語変換ソフトも有り)などに変換できます。

F8F9F10 半角ローマ字、全角ローマ字、半角カタカナなど

どのキーがどの文字に変換されるかは覚えるのが面倒なので、必要な時にF7からF10に向けて順番に押していけば大丈夫です。Enterを押すまでは確定されないので、自由に選べます。

F7でカタカナ変換など

マウスクリック連打で文字選択

1つの文をすべて選択したい時、マウスを動かして選択していませんか? 選択したい文のどこでもいいのでカーソルを合わせて、左クリック3回連打! それだけで1行まるまる選択(具体的には改行まで)できます。

マウスクリック連打で1行まるまる選択

ファイルの一括選択・同時選択・選択解除

一括選択

アボガドからパイナップルまで一括で選択したい時

作業効率 UP ! ショートカットで「時短」使えるショートカットまとめ【 Mac編 】

アボガドを選択した状態で、 「shift」 を押しながらパイナップルをクリック。

ファイルの同時選択

野菜だけを選択したい時

作業効率 UP ! ショートカットで「時短」使えるショートカットまとめ【 Mac編 】

「command」 を押しながら、野菜だけをクリックしていく。

ファイルの選択解除

果物だけを選択したい時

作業効率 UP ! ショートカットで「時短」使えるショートカットまとめ【 Mac編 】

「command + A」で全選択したら、「command」を押しながら野菜をクリックして選択解除していく

おわりに

最後のファイル選択はまとめてドロップする時などには大変便利です。
また、他のMacアプリでも使えますので、ファイルや画像を沢山のなかから選択する時のために覚えておいて損はないです。

以上、Macの作業効率をアップするショートカットをいくつかご紹介させていただきました

慣れるまでは、その都度「えっと … 」といった感じになるかもしれませんが、コツは慣れること ! 使うこと !(そのまんま ! )
億劫になってしまうこともあるかもしれませんが、いつの間にか手が覚えてくれます。

ぜひご活用を !

この記事を書いた人

Chiaki

【仕事で大切にしていること】 お客様の事業における問題点・課題点についての解決策を一緒に考え、1つ1つ丁寧に 『 実行 ↔ 解決 』 適切なIT支援、組織活性化のお手伝いをさせていただきます。

読んで頂きありがとうございます!

フォローしてこのブログの更新情報を受取る